必要とされている

防犯

ネットワークカメラは防犯カメラとして様々な国でも使われています。犯罪は一人一人の心がけでも防げるものです。その他にネットワークカメラには色々な使い方があり、マーケティングでも活用されています。

購入の際の選び方

警備員

ネットワークカメラを買う上で知っておきたいことがあります。WEBカメラとネットワークカメラの違いです。また、最近のネットワークカメラのトレンドなどを抑えて選んでみるといいでしょう。

防犯カメラの進化

防犯カメラ

現代ではいろいろな所に監視カメラが設置してあります。ぱっと思いつくだけでも店舗や道路、エレベーターやお天気カメラと私達の身の回りにはたくさんのカメラが設置されています。そのカメラがインターネットの普及とともに変わりつつあるのを知っている人はあまり多くないかもしれません。カメラをネット環境と繋いで利用するネットワークカメラが普及してきています。そもそもネットワークカメラとはどういうものかというと、カメラとコンピューターが一体化したものです。撮った映像をインターネットを利用して送信するのでリアルタイムで離れたところからも見ることが出来ます。また映像をカメラ自体に保存することも可能ですし、遠いところでハードディスクに保存することも可能です。これまでのカメラでは出来なかった機能がネットワークカメラには出来ます。防犯カメラとしては予防としての泥棒対策だけではなく、もし泥棒に入られたとしても録画できれば、検挙に繋がる確率も高くなります。防犯目的だけではなく、さまざまな場所で、またいろいろな用途で使うことが出来るのです。防犯以外での用途としては、オフィスや店舗などでの管理として使うことも多いです。最近では大企業や大型チェーン店、またフランチャイズ形態のお店も多く、本部が視察などにいくのは困難です。しかし、ネットワークカメラを使えば簡単に離れたところからも現場の状況や管理が出来るので大変重宝されています。

こんなときにはこのカメラ

男性

ネットワークカメラは日々進化をつづけ、いろいろな機能を持ったものが比較的安価な価格で出てきています。目的に応じて機能を選ぶことが大切になのでしっかり調べましょう。